内村航平の東京オリンピック/海外メディアの反応まとめ!引退も示唆か?試合後のコメントも

スポーツ

東京オリンピック種目別鉄棒に登場した体操界のレジェンド内村航平選手がまさかの落下ということで予選敗退が決定してしまいました。

海外でも『キング』と称されているほど、世界の体操選手の中でもリスペクトされている選手であることは間違いありません。

そんな内村選手が予選敗退ということで体操界に波紋が広がったのではないかと思い、海外メディアの反応についてまとめてみました。

 

このページでお伝えできること
・内村選手の予選結果
・予選結果による海外メディアの反応

 

スポンサーリンク

内村航平選手の東京オリンピック結果について

内村選手は、今回の東京オリンピックを含めると、北京、ロンドン、リオと4回オリンピックに出場しています。

そのうち、リオは団体、個人総合で金、ロンドンは個人総合で金を獲得しています。

そんな内村選手は1988年生まれの33歳。

体操選手でのピークはとうに超えており、体力的な部分や身体的な部分を考慮し、今大会では、種目別鉄棒に専念するとのことで、鉄棒で金メダルを目指していました。

 

種目別鉄棒 予選結果

体操競技の予選は、団体と個人の予選に別れているのはなく、団体、個人の両方を兼ねた予選となります。

ですので、内村選手の場合は、鉄棒のスペシャリストとして競技に参加していますので、鉄棒のみの演技となります。

予選結果については、ブレットシュナイダー、カッシーナ、コールマンの離れ技を決めた直後、ひねり技でバーを握り損ねて落下し、13.866点。

鉄棒から手が離れてしまい落下、上位8名に入ることができず、予選敗退が決定しました。

 

スポンサーリンク

内村航平の東京オリンピック 海外メディアの反応まとめ

イギリスロイター通信

「五輪で個人総合を2度制覇し、七つのメダルを持つキング・コウヘイが唐突な終わりを迎えた」

フランスAFP通信

世界選手権でも個人総合6連覇を含む計10個の金メダルを獲得したレジェンドを「最も優れた体操選手の一人」とたたえ、肩のけがに苦しみながら東京五輪出場を決めたことにも触れ、その功績を評価した。

としています。

 

グーグル翻訳:7回のオリンピックメダリストである内村航平は、いくつかの挑戦的な動きを釘付けにした後、鉄棒から落ちました。

グーグル翻訳:内村氏はメディアに対し、故郷で開催されたワールド2021を継続するかどうかはまだ決定していないと語った。 …「鉄棒を終えてアリーナに戻った後…もう必要ないと感じた」

日本の体操選手光平#Uchimura..ジムの本当の伝説.. 2012年と2016年のすべての金メダル..7つのオリンピックメダル..32歳で大会に戻った..究極のハイバーチャレンジのために.. 彼は倒れた、決勝戦はない。

グーグル翻訳:スポーツ:体操の伝説である内村航平が鉄棒から落ちた後、予選に失敗し、日本を失望させた。

グーグル翻訳:内村のオリンピック終了の秋の雲は日本の体操選手にとって明るいスタートです。

グーグル翻訳:最高のハンターに… 日本の体操選手、内村航平は、固定バーの予選テストに落ち、驚くべきことに、排除されました。 彼は日本へのメダルの希望でした

グーグル翻訳:オリンピックメダリストの内村航平は、男子体操の予選で、東京で唯一のイベントである鉄棒から転落した。日本のスターは彼のルーチンを終えて、決勝を逃して、13.866を獲得しました。

 

スポンサーリンク

内村航平の試合後コメント 引退も示唆か?

試合後のコメントについてまとめてみました。

東京オリンピックで引退するのでは?と囁かれてもいましたが、今後の展望について、コメントなどをまとめてみました。

試合後 コメント ※一部抜粋

「もうやることじゃなくて、後輩たちに伝えていかなきゃいけない立場だと思った」

「米倉(英信選手)に土下座して謝りたい」

「代表が決まってから、強い気持ちでやってきたが、本当につもりだった」

「これ以上オリンピックで演技することはできない」

「後輩たちに伝えていかなきゃいけない立場だ」

「永遠にしないかも。いつ引退するとかも考えてない」

 

現時点、引退は考えていないようですが、どのようなポジションにつくのか気になるところです。

 

まとめ

このページでは、内村選手の予選敗退による海外メディアの反応についてまとめてみました。

周囲からの期待が高かっただけに予選敗退になることは誰も予想していなかったのではないでしょうか。

これからの内村選手は体操界のどのようなポジションにつくのか楽しみです。

スポンサーリンク
スポーツ
スポンサーリンク
記事がよかったらシェアしてみてください♪
ためになるtamenaruメディア

コメント

タイトルとURLをコピーしました