ルーズソックスが売っている場所はもうない!?のりやローファーもまとめて買う方法とは

アイテム

このページでは、ルーズソックスやのり、ローファーが売っている場所や流行の長さについてお伝えしていきます。

まずはじめに、ルーズソックスの売っている場所についてですが、ルーズソックスやその他のアイテムを手っ取り早く入手するには、ネット通販を利用することです。

理由は、さまざまな店舗から好みの長さやカラーを決めて買うことができるためです。

ボタン一つで、好みのルーズソックスが手に入るのであれば、それに越したことはありませんよね。

ちなみに、ネット通販以外ですと、しまむらやドンキホーテとの噂も聞こえてきましたので、本当なのか調べてみました。

<<<楽天市場でルーズソックスを探す>>>

<<<Amazonでルーズソックスを探す>>>

<<<Yahoo!ショッピングでルーズソックスを探す>>>

 

このページでお伝えできること
・ルーズソックスの販売店
・流行りの長さ
・女子高生がネット通販を利用するためには
・合わせて揃えたいアイテム

 

スポンサーリンク

ルーズソックスが売っている場所は店舗より通販

 

View this post on Instagram

 

#(@hn__twt)がシェアした投稿

ルーズソックスが流行っているとはいえ、1990年代に一度流行っているものですから、そうそう店頭販売しているお店を探すことは非常に大変であると思います。

さらに、好みのルーズソックスがそこに置いてあるかどうかもわからないので、労力を使うことになりそうです。

そのため、ページ冒頭でも述べたとおり、通販サイトで購入するのが一番いいでしょう。

多くの種類を取り扱っていて、バリエーションやカラーなども豊富にあります。

特に、楽天市場では、ドン・キホーテも出店しているため、近くにドンキがない場合でも狙っているルーズソックスが探せるので買い物に行く手間も省くことができそうですね。

 

一方店頭では

こうして調べてみると、店頭では、取扱いがなかったり、やはり流行っているためか売り切れとなっているとの情報が多々見受けられました。

そうすると、やはり通販サイトで購入した方がいいかもしれないですね。

 

スポンサーリンク

ルーズソックス どの長さや色は何がいい?

 

View this post on Instagram

 

ぺん(@3star_x_x)がシェアした投稿

ルーズソックスの魅力のひとつとして、ソックスの長さがあります。

一昔に流行った頃は、ファッションもありますが、長さを競うような動きもあり、長ければ長いほどいいという時代でもありました。

しかし、今はどうでしょうか。

通販サイトをみると、長さも30cm〜150cmもしくはそれ以上のものと様々な長さのルーズソックスが販売されています。

インスタでは、女子高生を中心にディズニーランドなどで撮影したものがアップされていますが、その写真を見てみると100cm付近のタイプが多いようですね。

実際に楽天市場でも80cm〜120cmのルーズソックスの売れ行きが多いようでした。

 

カラータイプのルーズソックス

過去にはなかった、カラータイプのルーズソックスもアップされています。

カラータイプのものは、制服ではなく、私服に合わせるものなので、30cmのルーズソックスの口コミが多く、売れ行きがいいようですね。

色はその服にあったものがいいと思いますが、インスタを見てみると、明るい色ではなく、落ち着いた茶系、深い緑系が多く、可愛く着こなし、大人の女性をアピールできそうですね。

 

 

 

スポンサーリンク

ルーズソックス 合わせて購入したいアイテム

インスタやTwitterをみていても欠かせないのが、ローファーですね。

学校用のローファーの他にファッション用として買い揃えてもいいかもしれないです。

もちろん、通販サイトは、ファッション用も含め、学生用のローファーも販売しているので、買い替えを考えている人には、ちょうどいい機会ですね。

あとは、ルーズソックスは普段の靴下よりも重く、履いていると、ずり落ちてきてしまうので、ピタッとくっつける「のり」も必需品です。

のりも通販サイトで購入できますので、ご活用ください。

 

女子高生はネット通販ができない問題

ルーズソックスは女子高生を中心に流行していると言っても過言ではありません。

しかし、これまで通販サイトで購入するのが手っ取り早くておすすめですと述べてきましたが、中には、自由に買い物ができない女子高生もいると思います。

また、通販サイトで買っていることを親にバレたくないという人もいるかもしれません。

そのような時は、

・親にバレたくない人=支払い方法をコンビニ払い、受け取り
・支払いだけ楽に済ませたい=着払い

にするといいです。

ただ、各サイト未成年の買い物には条件があり、

Amazonでは「20歳未満のお客様は、親権者または後見人が承諾する場合に限り、アマゾンサービスをご利用になれます。」となっていて、結局は親の同意が必要になります。

さらに楽天でも「お客様が未成年の場合、親権者または後見人の承諾を得た上で、本サービスを利用するものとします。」となっているため、こちらも親の同意が必要ですね。

ところが、Yahoo!ショッピングでは「年齢制限が無い」ため、形上は誰でも買い物ができることになっています。

というわけで、

Amazon・楽天=親の同意が必要
Yahoo!ショッピング=親の同意が不要

となります。

とはいえ、ぶっちゃけアカウントは未成年でも作ることができるので、やり方によっては、Amazonでも楽天でも買うことは可能そうです。

ただ、私としても決して推奨はしていませんので、親の同意はもらった方がいいと思います。

 

まとめ

このページでは、再流行し始めたルーズソックスについてお伝えしてきました。

筆者の私も懐かしいと思えるネタでしたので、書いていて面白かったです(笑)

いずれにしても、ルーズソックスを購入する場合は、店頭販売よりも通販サイトで購入した方が効率もバリエーションもあるので、おすすめです。

また、店頭では、売り切れという情報もTwitterであるようでしたので、尚のこと通販サイトがいいですよね。

再流行しているルーズソックスは、制服のみならず、私服にも活用できますし、めちゃめちゃ可愛い印象を受けました。

何をするにも通販サイトは便利ですので、ぜひ活用してみてください。

 

<<<楽天市場でルーズソックスを探す>>>

<<<Amazonでルーズソックスを探す>>>

<<<Yahoo!ショッピングでルーズソックスを探す>>>

スポンサーリンク
アイテム
スポンサーリンク
記事がよかったらシェアしてみてください♪
ためになるtamenaruメディア

コメント

タイトルとURLをコピーしました