SDGsの闇や陰謀論・フリーメイソンの関係性は?裏側について徹底調査!

SDGs

このページでは、SDGsの闇や陰謀論・フリーメイソンの関係性までSDGsの裏側について徹底調査します。

早速ですが、みなさんは『SDGs』というパワーワードを聞いたことはもちろんあると思いますし、このページをご覧になる方は、どちらかというとSDGsに否定的な考えをもった方が多いのではないでしょうか。

日本でも今年に入ってから急激にSDGsがメディアに取り上げられるようになりました。

そして、あまりにも不自然すぎるメディアのSDGs推しに疑念を抱く人々も多くなりました。

私もそのうちの1人かもしれません。

外を歩けば、立派なスーツを着て、ちゃっかりSDGsバッジをつけている人もチラホラ・・

噂によるとフリーメイソンの陰謀論が関係しているのでは?と囁かれてもいます。

雑談はさておき、このページでは、SDGsの裏側に迫る闇や真相についてお伝えしていきます。

 

 

Amazon Kindle Unlimitedなら月額980円で好きな本が読み放題

 

 

このページでお伝えできること
・SDGsについて触り
・SDGsの裏側や闇
・フリーメイソンとの関係性は?

 

スポンサーリンク

SDGsとは

SDGsは、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択され、2030年までに持続開発可能な開発目標を達成するという世界的なアジェンダです。

もともとは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継としてSDGsがあります。

SDGsは、17の目標と169のターゲットから成り立っていて、2030年までの開発目標とされています。

その開発目標は、必ず達成しなければならないという規約はなく、あくまで目標設定であるということは有名なお話です。


17の目標と169のターゲットについては別記事で書いていますので、参考にしてみてください↓

SDGsとは17の目標と169のターゲットを達成するための知識と情報解説
最近ではSDGsの取り組みが数多くのメディアなどに取り上げられ話題となっております。 しかし、いくらSDGsという言葉を耳にしても、なんとなくは理解しているけれど、詳しくは知らないという人は少なくありません。 そこでこのページで...

 

スポンサーリンク

SDGsの闇や陰謀論について

元総務省官僚の室伏謙一さんと森井じゅんさんとのSDGsの対談です。

根拠のある話やSDGsのビジネス化、SDGsウォッシュに浸る企業の話など私は聞いていてすごく聞きやすく『なるほど!確かに!』と思った動画でしたのでピックアップさせていただきました。

目標やターゲットについても一部解説していますし、なかなか毒舌な部分もあって面白いです。

動画自体は少々長いので目次も導入しましたので、興味のあるところに合わせてご覧いただけるといいかもしれません。

また、時間に余裕がないけど、最後まで見たい聞きたいという方は1.5倍速でも十分に聞ける速度になっています。

 

00:00|導入
04:31|「環境問題」への懐疑
09:39|そもそもSDGsとは何なのか?
12:02|「アジェンダ21」政治・ビジネスの道具となり始めた環境問題
14:24|SDGsの前身「MDGs」の胡散臭さ
21:19|「SDGs」の具体的な中身について
25:25|「平等論」に欠落しているもの
29:24|「消費=悪?」SDGsがデフレを深刻化させる理由
31:17|SDGsを盲信する危険性
33:29|SDGsの問題点

 

00:00|「ソリューショニズム」テクノロジー信奉の危険性
05:49|コロナ禍があぶり出した新自由主義の破綻と公共の役割
08:58|人間の解決力を低下させる「技術狂」15:34|SDGsよりも国家観、国民経済の底上げ23:13|まとめ―どう対処していけばいいのか?

結局のところSDGsは胡散臭い?

動画でもSDGsはビジネス目的になっているなどという見解を示しているようですが、私は、全ての企業がそうではないと思っています。


別記事でトヨタの取り組みについて書いていますので、よかったらぜひ↓

【SDGs】胡散臭い/意味ないと思う4つの理由と本当の狙いとは
最近になり、「SDGs」という言葉をよくメディアなどからよく耳にするようになりました。 しかしながら、SDGsに興味があり積極的に取り組んでいるのは大企業がほとんど。。 普通に生活している私たちはSDGsに対して受け身の姿勢で無...

 

スポンサーリンク

SDGsとフリーメイソンとの関係性

次にSDGsとフリーメイソンとの関係性について色々調べてみました。

明らかに、作為的にメディアからプッシュされ表面にできたSDGs。

確かに2015年からSDGsは始まっていますが、日本のメディアに出てきたのは2020頃から。

急にメディアに出てきたり、SDGsウォッシュと呼ばれる本質を知らない企業の取り組みなどをみて、人々は、『胡散臭い』『怪しい』といったワードをSNS上でよく目にします。

何か理由があって表面化してきたのではないかと思い、SDGsのロゴを注視しているとなんとフリーメイソンとの関係性がありましたね。

画像をご覧ください↓

SDGsピンバッジはどこで買える?SDGsロゴおよびアイコンの使用について ...

出典:国際連合広報センター

『目標13の気候変動に具体的な対策を』

変哲もないアイコンですが、見方を変えると『目』になります。そして数字の『13』

『ピラミッド』『六芒星』『目』といえばフリーメイソンのシンボルマークです。

『13』という数字はイルミナティの血族の数。

瞳の奥には、コウモリのような絵と骸骨のような絵。何を表しているのか。

ちなみに、フリーメイソンは多様な形で全世界に存在し、会員数は600万人を超える秘密結社。

実は日本でも昔からこの存在は知られています。

これは昭和11年6月25日の新聞記事です↓

神戸大学 電子図書館システム --一次情報表示--

出典:神戸大学 電子図書館システム –一次情報表示–

確かに都市伝説なのではないか?と言われるほど謎に包まれているがその秘密を知ると意外と面白いんです。

本気で信じる必要はありませんが、『すごい!』『こんな話もあったんだ』なんてこともよくあります。

いわゆる都市伝説と呼ばれていますが、これはこれでとても面白いです。

なぜ、フリーメイソンが関係しているのか、それは本を読むとその謎がわかります。

Kindle Unlimitedは、たった月額たったの980円で自分の知識アップに繋がります。

私も利用していますが、さまざまなジャンルの情報が手に入るため、かなり気に入っています。

 

↓Kindle Unlimitedは月額980円で好きな本が読み放題↓

↓初回30日間の無料トライアルもついてくる↓

 

まとめ

このページでは、SDGsの闇や陰謀論・フリーメイソンとの関係性についてお伝えしてきました。

結局のところ、表面上はビジネス目的である企業がほとんど。

SDGsという世界目標にあやかってお金儲けをしようという企業が目立ってきたためにこのような胡散臭いや怪しいなどとつぶやかれてしまうのではないでしょうか。

ただ、全てがそのような企業だけではないでしょう。

最後にSDGsがフリーメイソンと関係していることは、都市伝説的にお話すれば間違いないでしょう。

なぜなら、アイコンに『目』があるからです。

その真相を知るためには、まずはフリーメイソンについて知る必要があります。

フリーメイソンを知るためには、読書をすることをおすすめします。

今は電子書籍の時代でもあり、30日間の無料トライアルがあるKindle Unlimitedがいいでしょう。

 

スポンサーリンク
SDGs
スポンサーリンク
記事がよかったらシェアしてみてください♪
ためになるtamenaruメディア

コメント

タイトルとURLをコピーしました