仮想スニーカー(NIKE)が投資対象の理由とビットコインでの活用法

雑談記事

スニーカーで多くのファンやコレクターをもつNIKE(ナイキ)ですが、そのナイキ社はイーサリアムブロックチェーンでスニーカーをトークン化する特許を取得しました。

  • そもそも仮想スニーカーとは
  • 仮想スニーカーが投資の対象理由
  • 仮想スニーカーのビットコイン活用法

についてこのページでは説明していきます。

 

スポンサーリンク

そもそも仮想スニーカーとはどのようなものなのか

仮想スニーカー

仮想スニーカーとはNFT技術を活用したスニーカーの唯一無二の価値の生み出すデータのことをいいます。

NFTとは世界に一つだけのデータを価値として生み出す代替えが不可能なトークン・技術のことをいいます。

そもそも2018年からブロックチェーン技術を活用した唯一無二のデジタルデータを作成する技術が日本に登場しています。

トークンとは

日本で言えば円などの法定通貨を使わずに一定の範囲内で法廷通貨と同じように商品の購入やサービスを受けれることをトークンといいます。

仮想通貨業界では一般的に、既存のブロックチェーン技術を利用して発行された仮想通貨のことをいいます。

 

スポンサーリンク

仮想スニーカーが投資の対象となる理由とは

仮想スニーカーが投資の対象となる理由は3つあります。

  • 日本初の仮想スニーカーが販売からわずか9分で完売するほどの人気があること
  • 金額も約140万円の価値がついたこと
  • 中国メディアでも「ファッション系スニーカーは、株や先物のような金融商品の特徴をもっている」とコメントし、市場ポテンシャルを示していること

仮想スニーカーについて

仮想スニーカーのデータを所有している人は、その後自由に2次流通を行うことができます。

現状ですが、ブロックチェーンゲームやクリプトアートなどにもNFTが活用されています。

今後、2次流通に活用できるデータなどの経営資源が世界中で活用されることが予想されます。

特にこの分野では2021年から数十億円単位でのNFTの販売が海外で話題となっており、現在最も注目されています。

ナイキ社では

ナイキはスニーカーモデルをイーサリアム規格ERC721(イーサリアムとはブロックチェーン内のスマートコントラクトの規格の一つで、特徴は、スマートコントラクト内でNFTを扱うことができるようになること。)で発行する予定です。

スニーカーを購入した顧客は、独自のIDがつくトークンを解除することができ、同じ模様のスニーカーやコラボ商品をコントロールすることもできるようになります。

さらに、所有者はスニーカーの「繁殖権」を持つことができ「デジタルスニーカー」には生産制限を設けることができます。

ナイキがスニーカーをトークン化する理由の一つとして、近年、限定スニーカー市場が売り上げを強化していることがあげられます。

 

スポンサーリンク

バーチャルスニーカー(NIKE)のビットコインで活用する方法

ビットコイン還元アプリで有名なLolliはアメリカ大手スニーカーメーカーのナイキと提携し、買い物によるビットコイン還元を提供することになりました。

Lolli.comからナイキの商品を購入した場合、ビットコイン還元率は最大で3%ということが発表されています。

このサービスは、現時点で米在住のユーザーに限定ということですが、感謝祭や12月のクリスマスに向けて、より多くの還元できる商品バリエーションを提供していく予定ということいです。

日本でのサービス運用は今のところありませんが今後に期待したところです。

ちなみに日本では株式会社1SECという東京都の会社が仮想(バーチャル)スニーカーを販売しています。

まとめ

今後はNFTによる唯一無二のデジタルデータは世の中にどのようにな形でバイラルされていくのか非常に楽しみなところです。

まだまだ日本では馴染みのない仮想スニーカーですが、これから唯一のトークンを活用したデジタルデータやアイテムがファッション・アパレル業界でも進んでいのは間違いないでしょう!

 

スポンサーリンク
雑談記事
スポンサーリンク
記事がよかったらシェアしてみてください♪
ためになるtamenaruメディア

コメント

タイトルとURLをコピーしました