原神を1年以上プレイしてみて感じた面白さを徹底解説!

今回は原神というゲームをご紹介させていただきます。多くの人は「原神」という名前だけは聞いたことがあると思います。

2020年9月28日にサービス開始し、開発費110億円を2週間で回収してしまった人気ぶりと世界中のゲームファンににかなり衝撃を与えた作品です。

私自身原神はサービス開始時から遊んでおり、現在は1周年を迎えますます盛り上がってきています。

この記事では原神を1年以上遊んでいる私がサービス開始からプレイして面白かった点やここはちょっとという点をご紹介させていただきます。

その他のRPGについてまとめている記事は

 

こちらをクリックすると確認できます!

原神はどんなゲーム?

原神』(げんしん、英: Genshin Impact)はmiHoYoから出ているオープンワールド型のアクションRPGゲームです。

今現在ではPC、スマートフォン、PlayStation4&5など幅広いマルチプラットフォームに対応しています。

合計50人以上のキャラクター達と共に壮大かつハイクオリティのグラフィックフィールドを動き回れるかなり自由度の高いゲーム。

原神では沢山のキャラクター達とのやりとりでストーリーが進んでいきます。プレイしているとついつい時間を忘れて朝になっていたり…!

キャラクター達の戦闘モーションは全員違うのでとにかく色んなキャラクターを使ってみたく、育てたくなってしまう!

世界を渡り歩く双子の兄妹のストーリー

主人公である双子の兄妹は世界を渡り歩く力を持っており、渡り歩いている最中に謎の神である「天理の調停者」に襲われ敗北した双子は別の場所に飛ばされてしまいます。

目が冷めた時偶然釣れた妖精パイモンと一緒に兄妹を探す旅にでます。

原神を1年以上プレイしてみて感じた面白さ・魅力

私はサービス開始からプレイしていますが正直に言うと神ゲーです。特にストーリーに関しては進めば進むほど恐ろしいほど考察させられる内容です。

ゲーム歴は20年以上ありますがソシャゲやPCゲームで初めてちゃんとストーリーを読んでいる作品といってもいい程です。

もちろんゲーム性も恐ろしいほど面白い点が沢山あるのでご紹介させていただきます!

キャラクター1人1人にストーリーがあり使い方で全てのキャラクターを最後まで使える

原神メインストーリーでは自分が主人公のため主人公中心で進んでいきますが、その旅の間で出会うキャラクター一人一人にストーリーがあります。

その細かさはまさかのモブキャラ達にまで詳しいストーリーがあります。モブ達からクエストを受けることもありますがその会話内容から「このモブクエストあそこのストーリーのあれに繋がってるの!?」といった発見があったりするので本当に細かく作り込まれています。

 

戦闘面においても、このキャラは使えないから・・・ということが無く、一番最初に仲間になるアンバーというキャラはサービス開始時は使えないんじゃ?と言われていましたが1年経った今ようやく有効的な使い方を見つけた人が出てきて好きだからパーティに入れているという人も出てきたりとプレイヤーのパーティ編成や装備編成、使い方によって初期キャラもうまい使い方が後から出てくるのが原神の面白いところです。

マルチプレイも出来るのでみんなでワイワイ遊べる

ハイクオリティの綺麗な世界の原神ですが、プレイヤーランクを20にするとマルチプレイが開放されフレンドと一緒にプレイすることが出来ます。

もちろん普通にフィールドで一緒に冒険するのも楽しいですが、原神運営はその程度では終わらない!

原神運営はイベントごとにミニゲームを用意してくれます、今まであった楽しいミニゲームですと「鬼ごっこ」や「かくれんぼ」などが個人的に一番おもしろかったです。

専用フィールドが用意されその中でスキルなどを使いながら制限時間内で鬼ごっこやかくれんぼをして遊ぶという遊びでこういったミニゲームをこまめに用意してくれるのがいい点です。(フレンドがいなくてもソロで野良マッチで遊ぶことも可能)

ハウジング機能もあるので自分の好きなように家や遊び場などを作ることが出来る

原神はアクションRPGなのですがアップデートでハウジング機能が実装されました。原神世界で好き勝手に家や庭、遊び場などを作れる機能なのですがMMOが好きな人やマインクラフトが好きな人などにはお馴染み大人気の機能ですね。

本編はほどほどに遊んで、ひたすら家や城を作ったり、フィールドで木材を集めて家具を作ったりと違う遊び方をメインにしている人も増えてきました!

フレンドの人の家に行って一緒に遊んだり、作った家の中で独自ルールを作り(0ダメージで通り抜けろ)みたいなミニゲーム化して遊んでいる人もいます。

原神の残念に感じた点

PC版だとアップデート毎に10GB以上消費する

私はスマートフォン版と連動させてPC版メインで遊んでいますが原神は1ヶ月半毎に大型アップデートがきます。

PC版ではその大型アップデートの際に追加される内容として大体10GB以上必要になるためHDDやSSDが圧迫しやすくやりくりに苦労しています。ただ毎回どんだけアップデートするんだ!というくらい山盛りなのでプレイヤーとしては嬉しい限りですが。

PS4版でやるとロード時間のストレスがある

PS4版はどのゲームをやってもロード時間が長いですが原神ではかなり長いです。マルチなどをやると大体他の人はPS4の人が来るのをずーっと待っている構図になります。

逆に最新のPS5の人はロードが早いです。PS4でやるならスマホでやったほうがロードストレス無く出来ると思います。スマホでもコントローラーに対応しているので安心です。

1周年を迎えたがいつ始めても大丈夫なのが原神

よくゲームではスタートダッシュを決められなかったから今から始めるのは遅いのではないか?という議論がかわされますが、原神において今から始めて遅いということはありません。

理由として現在の原神には昔からやっていないとクリア出来ないコンテンツというのが無いためです。

キャラ完凸、武器完凸も全く必要ないくらいのコンテンツがほぼ全てです。完凸が必要なのは自分で縛りプレイする時のみです。例えばキャラ1人でエンドコンテンツを何分以内にクリアするなど。

 

メインで提供されるイベントなどはすべてどこから始めてもクリアできる難易度です。

原神には強くないとギスギスしてしまうコンテンツがないので初心者と上級者でも一緒に楽しめるのが良いポイントです。

 

原神はストーリーを進める以外にもプレイヤーによって様々な楽しみ方があるので、ハウジングをしたり、楽器で曲を作って演奏したり、動物を捕まえて家で飼ったり、自分でミニゲームを作ってTwitterで遊ぶ人を募集したりなどなど好きな遊び方で遊べます。

 

基本プレイ無料なのでダウンロードしてアニメ調の綺麗なグラフィックで冒険してみてください!

 

原神

原神
開発元:miHoYo Limited
無料
posted withアプリーチ

Follow me!

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP