朝倉未来はライジンを卒業しUFC・ベラトールに挑戦するのか?元K-1魔裟斗に弟子入りも?

格闘技

朝倉未来選手(以下未来選手)はUFCへ挑戦するのだろうか?元K-1チャンピオンの魔裟斗さんから背中をプッシュされる場面も!

先日、自身のYoutubeチャンネルで魔裟斗さんとのコラボが実現した。

動画を見てみると、魔裟斗さんから愛のある激励を受けている様子。

魔裟斗さんから激励を受けた未来選手は終始嬉しそうな笑顔。

今後、ライジンを卒業し、UFC挑戦のためアメリカに旅立つのか、それとも魔裟斗さんのところへ弟子入りするのか動向が気になるところ。

考察も含め、出来事をまとめてみる。

スポンサーリンク

朝倉未来はライジンを卒業しUFC挑戦するのか?

未来選手のUFC挑戦はあるのか?

考察した結果、30%でUFC・ベラトール参戦、70%RIZIN残留であると考察する。

参戦する理由

  • 元々RIZIN17の試合後インタビューでUFCにも通用する技術があると発言していること
  • 魔裟斗さんとの対談で30歳を超えても格闘家を続ける意向を示していること
  • UFCで対戦したい相手がいること

元々UFCでも技術は通用すると話をしていた未来選手。

今回の魔裟斗さんとのコラボ動画では「遊びで格闘技をやっている」「伸びしろがあるのにもったいない」「本気で練習してアメリカ行って外国人倒したら?」など刺激のある激励。

魔裟斗さんとの技術指導で終始笑顔であり、これからアメリカに参戦する可能性も考えられる。

残留する理由

  • フェザー級でRIZINのタイトルをとっていないこと
  • UFC・ベラトールに挑戦するためにはリスクがあること(Youtube関係)
  • トライフォース赤坂の運営関係

2020年、年末に当時修斗ライト級世界チャンピオンの斎藤裕選手に敗戦したため、借りを返さなければならない。

次戦はクレベル・コイケ選手との試合が実現しそう。

また、アメリカに行くことは、YouTube関係もあり生活環境を変えるのが難しくなってきていること。そして、トライフォース赤坂のスタッフとしても会員に指導している未来選手。未来選手がいなくなるとなれば会員はどうなるだろうか。

もし、アメリカに行くとするのならば、これらの条件をクリアしてからになるだろう。

 

スポンサーリンク

朝倉未来は元K-1魔裟斗に弟子入りも示唆

魔裟斗チャンネルの動画内でミット打ちを行った魔裟斗さんと未来選手。

ジャブの基本打ちや、アッパーの打ち方、パンチを打つ時の足の位置など、細かく助言をされる様子。

これまでトレーナーなどをつけたこともなく、我流で行ってきたものの、そのストレートのパンチ力やミドルキックの脚力、腰の強さを絶賛する魔裟斗選手。

絶賛された未来選手は満更でもない様子で終始笑顔。

もしかすると、今後も未来選手は魔裟斗さんのジムに出入りし、弟子入りする可能性も考えられるだろう。

そして、さらに強くなる未来選手を一ファンとしては見てみたいものである。

コラボ動画はこちら↓

 

スポンサーリンク

朝倉未来はライジンを卒業しUFC・ベラトールに挑戦するのであれば・・・

未来選手がアメリカに挑戦することになれば、アメリカのチームに所属することになることが予想されるが、現在、アメリカで活躍する日本人ファイターはどこに所属しているのかみてみよう。

  • 堀口恭司:アメリカントップチーム所属
  • 佐藤天:サンフォードMMA/TRIBE TOKYO M.M.A所属
  • 魅津希:セラ・ロンゴ・ファイトチーム所属
  • 渡辺華奈:FIGHTER’S FLOW

未来選手がもし渡米した場合の所属チームは未定ではあるが、できれば堀口選手と同じアメリカントップチームに所属してもらいたいものだ。

まとめ:朝倉未来にはライジンを卒業しUFC・ベラトールに挑戦して欲しい!

魔裟斗さんも動画内で話をしていたが、やはりもったいない選手の1人であると思う。

現役時は「反逆のカリスマ」としてK-1を盛り上げた魔裟斗さんも驚愕するパンチ、蹴り、腰の強さ。

筆者としては、魔裟斗さんと同様、練習時間を変える、トレーナーを付けての練習をする、といった環境を変えて欲しいと切に思う。

そして、動画内にもあったとおおり、「誰にもやったことのないことに挑戦する」=「日本人初のUFCチャンピオン」になっていただきたい。

今後とも朝倉未来選手を応援し続けたい。

スポンサーリンク
格闘技
スポンサーリンク
記事がよかったらシェアしてみてください♪
ためになるtamenaruメディア

コメント

タイトルとURLをコピーしました